表参道室内管弦楽団
表参道室内管弦楽団

表参道室内管弦楽団    演奏曲目    演奏活動    募集・採用    お問合わせ    最新情報




  表参道”からクラシック音楽を社会へ



  
◆ 表参道室内管弦楽団の沿革

   「 表参道室内管弦楽団 (Omotesando Chamber Orchestra) 」 は、

   クリエイティブなアートが集結する表参道エリアからクラシック音楽を発信していきます。

   団員は、おもに東京のプロオーケストラから少数精鋭メンバーが集結して出演する

   本格的なコンチェルト・オーケストラです。



  
◆ 楽器編成

   表参道室内管弦楽団は、

   「協奏曲(コンチェルト)=ソリストがオーケストラをバックに演奏する曲」を

   積極的に取り上げて演奏していくコンチェルト・オーケストラです。

   弦楽器・管楽器・打楽器を合わせて10名程度〜30名程度の編成になります。

   50名以上のフルオーケストラと比べて演奏者一人一人の個性や技量が

   より発揮されやすい規模の室内オーケストラですので、

   「オーケストラの迫力」と「室内楽の繊細さ」を併せ持ちます。


   1stヴァイオリン、2ndヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、

   フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン、トランペット、

   トロンボーン、テューバ、ティンパニ、ハープ、チェンバロ(バロック曲のみ)、

   ピアノ(ピアノ協奏曲のみ)、および指揮